朱実カウラオヒといく、オアフ島聖地巡り

IMG_7824.jpg



世界中の人々が憧れ、癒されるというハワイの島々は

聖なるマナが大地に溢れ、滞在するだけでも価値がある稀なる場所です。

島々の中でも都会であるオアフの島にも、素晴らしい聖地が存在します。

私が正式な作法に則った、聖地巡りをナビゲートいたします。ご一緒いたしましょう。


◾️聖地めぐりのサンプルコース(訪づれる場所は変わることもございます)

まずは前日から聖なるティリーフにて伝統的なレイを作成することから始まります。

rei5.jpg



rei.jpg




マカハを出発し、まずは、薬草ハーブ、ロミロミやヒーリングの研修所があったというヘイアウ
アイエアのケアイヴァヘイアウにまいります。


ケアイヴァ.jpg


KEAIWAとはハワイ語で「神秘の」という意味で、ヘイアウの中でも、
ここはヘイアウ・ホウラと呼ばれ、
医療行為や医療を学ぶ者達の養成所とお聞きしました。
ロミロミやマナヒーリングを学ぶ者には訪れるとマナが得られるとされている。
横一列に並んで、エホマイを唱え、クムのセレモニーの後にヘイアウの中へ。
岩からのエネルギーが気になった。
大きなサークルのまわりをみんなで囲み、ヘイアウのマナを分けて頂く。
沖縄の御嶽や、伊勢神宮の荒祭宮のような荘厳さと静寂さに包まれて、私は大興奮だ。
(関高二さん、記)



ケアイヴァ 2.jpg





セラピスト&ヒーラーの方々には欠かせない聖なる場所です。



ミニラニタウンを過ぎ、ワヒアワタウンの古い町並みを通り過ぎ

王族貴族の子女が出産したという聖地、クカニロコ(バースストーン)でチャンティングと

神々へのご挨拶セレモニー


baeth7.jpg



birth6.jpg


バースストーン1.jpeg



次に訪れたのは、オアフ島の中心部ワヒアワにあるハワイの王族の出産場所で
ハワイの聖地巡礼の中でも、
強いマナを感じるとされる、KUKANIROKO Birth Stone 。

赤土の参道を通り、入り口の大きな岩の前で一礼し、無言の行で岩の群れの前へ。

そこでエホマイを唱え、インスピレーションを感じた岩に、各々レイを捧げ、手を合わせる。

奇しくも私が捧げた岩は、王族の女性が出産した岩だった。岩に触れたくなり触ってみた。

大地と空のエネルギーを感じさせる、独特な熱さ。
岩の塊の先にユーカリの木が生い茂る。

ここには、精霊が棲むとされ、耳を当て木を抱きしめると、
精霊の声が聞こえたり、木のエネルギーを分けて頂ける。
神社の神木を抱きしめるという点と共通しているなと思った。

暖かい陽気に陽射しが眩しい。ユーカリの葉の揺れる音が精霊のおしゃべりにも聞こえた。

私は、Birth Stoneを周囲の景色をしばらく眺めていた。まるでここは高天原のよう。

西側の山脈がとても気になった。Birth Stoneが山脈と対をなしてるように見えた。

菜津子さんに教えて頂きましたが、山脈が子宮に生命を宿した
女神ワヒネ・パバイのシルエットに見えるという。

なるほど、やはりここは神の降り立つ地だったのかと感動してしまった。
(関高二さん記)




    その後にパイナップルで有名なドール プランテーションで、休憩  

12511325_942025945882531_1439481828_o.jpg

    サーフィンのメッカで伝統的な,街並みが残る

    ノースショアへと足をすすめ、ここで昼食の時間もとり、街並みを散策します。

    海がめやサーフィンのメッカであるビーチで散策して塩の香りを満喫します。


ranchi1.jpg


途中、パイナップルやバナナでお馴染みのDole Plantationを経て、ノースショアへ。
中心部Haleiwaにあるタイ料理のお店で昼食。ノースショアはガーリックシュリンプが名物と聞く。
私はフォーを頼みました。なかなか美味しかった。(関高二さん記)


ランチ.jpg

その後行程が順調ならば、東海岸岸まで足を伸ばし

秘密の聖なるビーチで海の浄化のセレモニーをいたします。


東海岸.jpg



ぺれ1jpg.jpeg



昼食後オアフ島東端部に向けて出発。
ウミガメがやって来るTurtle Beachで一度降りて、キレイな海を眺める。

サラサラした砂浜と、ところどころにある岩礁にウミガメの餌となる海藻が生い茂る。

気さくなガイドさんに声をかけられた麻友さんは、親しくなり記念撮影。とても楽しそう。

聖地巡礼もクライマックス、Pele Chairへ。ここで今回最大の海の洗礼を受けた。

クムが前々からおっしゃっていた、『海のワーク』は、エホマイの後に、海の中に入り、
沖に向かって思いの丈を吐き出したり、海中に潜ったり、海に歌を捧げたり、お祈りをするもの。

この日の海は大波で、海のワークをするために沖に向かうと、足元は溶岩で出来た岩礁。

歩を進めようにも、波が高く、何度も流されては立ち上がるも前に行かない。

岩礁に当たり、生傷が絶えなかったけど、クムはじめみなさん大笑いしながら、

海と戯れ、はしゃいでました。今から思うと、とても神秘的な体験でした。

ハワイの女神ペレに感謝。(関高二さん記)






ほぼ10時間以上を費やす、壮大なセレモニーと海での浄化、様々な有効的なワーク

などを含む、覚醒と人間力アップと、引き寄せ、夢実現力アップの

通常の観光的な聖地巡りとは一線を画す、特別なツアーです。

料金

■お二人様から催行、お一人で参加希望の方はご相談くださいませ。

■お二人様まで、おひとりにつき480ドル

■三名様から六名様まで、おひとりにつき380ドル

■七名さまからおひとりにつき300ドル




(途中でいただくランチ代は各自のご負担でお願いいたします)


resize1926.jpg


聖地での最低限守っていただきたいこと


ハワイで観光にいらっしゃる方々も

近年はショッピングやアクテビティだけにとどまらず

パワースポットめぐりや、ヘイアウなどに訪れる方々も多くなりました。

まずはアロハのこころをもって,心からハワイとその伝承文化を尊重する気持ちで

その地に立ってくださいね。

パワーを、もらおうもらおうではなくアロハをシェアーする気持ち、

自分の英知も、ささげる気持ち自分に何ができるのか、

何に貢献させていただくのかも

ちゃんと伝えて、敬愛の念をもって参拝なさってくださいね。

挨拶も肝心です。許可をいただく気持ち。

さわやかな、気持ちでご参拝ください。

ヘイアウはただの石ころを積み重ねただけの
ちょっとしたスペースと解釈しないでください。


pw.jpg


ハワイアンの方々にとっては大切な聖域です。

参拝するときに肌の露出は少なめにしてください。

タンクトップにゴムゾオリ、ジーパン,控えてほしい服装の典型ですね。

伊勢神宮の正式参拝のときは,スーツや礼服が求められますよね。

それと同じような気持ちで望んでほしいです。


ハワイを愛する朱実カウラオヒより。

■営業時間朝の10時より最終受付夕刻6時までとさせていただきます。


■お休み:不定期

■お問い合わせ:info@akaihibiscus.com

お申し込みホーム→ここへ

↑どうぞ、お気軽にメールでお問い合わせくださいませ。

ouzoku6.jpg